澤村萬壽堂

創業75年老舗 --- 現代の名工で書家 澤村宗一が真心込める手彫り印鑑・実印・銀行印 澤村萬壽堂

営業時間
平日 10:00~17:00
定休日 木・土・日・祝日

創業70年 現代の名工であり書家 --- 澤村宗一が制作する手彫り印鑑・実印・銀行印

澤村萬壽堂

実印にアタリはつける?つけない?

まずはじめに

 

このアタリといいますのは、印鑑の横についている突起とか削ってへっこんでいるものやいわゆる目印のことを指しています。 このアタリがあることで、印鑑の上下が見ただけでもしくは持っただけでわかることから、捺印の際に印面を見てどちらが上なのかを確認せずにすぐ捺せるので便利なものとなります。

 

認め印の場合は便利

 

認印として仕事で印鑑を捺す機会が多いような場合は、印鑑を捺すごとに毎回、印面の上下をいちいち確認してから捺印するというのは結構に大変なものだったりしますので、このアタリがついてあれば、いちいち見て確認しなくても上下がわかり、すぐに認印を捺すことが可能となるのです。

 

実印だと

 

しかし、これが実印となると、いろいろなことをいう人がいたりします。

たとえば、実印は自分自身の分身としての証しとなるものだから、その分身に当たる印鑑にアタリをつけて傷を付けるということは、自分自身の身を傷つけるから縁起が悪いという意味になるというものです。

 

大事な契約に使う実印だから

 

もう一つは、大事な契約に捺すこととなる実印なのだから、捺す前に実印の上下を確認するゆとりを持って、この実印を捺しても良いのか?と一息をつけながら冷静に契約を進めることになるからアタリはつけるべきではないというものとなります。

 

最近ではどうなのか?

 

最近の現状で言えば、アタリをつけたがらないお客様が多いとのことで、印章組合で発行しているシールを貼るようにしています。特に、象牙の印材では、あたりのない印材の方が断然に品質が高いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA