澤村萬壽堂

創業75年老舗 --- 現代の名工で書家 澤村宗一が真心込める手彫り印鑑・実印・銀行印 澤村萬壽堂

営業時間
平日 10:00~17:00
定休日 木・土・日・祝日

創業70年 現代の名工であり書家 --- 澤村宗一が制作する手彫り印鑑・実印・銀行印

澤村萬壽堂

実印の彫り直しは縁起が悪いってホント?

まずはじめに

 

実印や銀行印、認め印などのお持ちの印鑑を、なにかの拍子に落として欠けてしまった、とか、使っているうちにいつの間にか縁がとれている、というよな経験があると思います。

 

彫り直しは縁起が悪い?

 

しかし、よく聞いたりすることですが、印鑑を彫り直して使うことは縁起が悪いという説もあったりするのは、印鑑自体が自分自身を証明するための物なので自らの分身とたとえられることから彫り直しすることが「自分の身を削る」という意味にて解釈するこで縁起が悪いと言われています。

商売最優先のはんこ屋ならば、上記のような理由をたくさん並べ立てて、たとえば、結婚式のドレスは出発の門出ともなるときに仕立て直しして迎えますか?などと

でも最近では、レンタルで挙式する時代ですので無理矢理っぽい感じはしますよね。

印鑑にまつわる縁起がいい悪いは、またの機会に書きますけれども、彫り直しも縁起が悪いということはまったくないと考えられます。

 

印材によっての違い

 

ただし、印材によっては、新しく購入した方がお得というようなこともあります。

象牙の印材以外は、印面を削る行程が加わることから、柘植・黒水牛・牛角白(旧名:オランダ水牛)などは割高になってしまいます。

そして、象牙の場合も、彫り直しする印材が再彫刻に耐えられるのかどうかの検品したからのことになります。

保存状態が悪かったり、象牙といえども牙の真ん中近くのものか端のものかで質がかなり異なることから、ひびが入っていたり一部腐食しているものは断られるケースもあるようなので、一度、当店までご相談ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA